東京在住ニートの就職までの道

東京で長く続けたニート生活から脱出して正社員になった方法とは?

ニート生活が長いと正社員になるのは無理?

原因は人によって様々ですが、いったんニート生活が長くなってしまうと、その後就職しようとしてもなかなかよい仕事が見つからなくなってしまいます。
もし会社で働いたこともなく、自慢できるような学歴もないならなおさらです。正社員で働ける職場を探すのは、簡単にはいかなくなってしまいます。
このままニート生活を続けるわけにはいかないと焦りはじめ、一念発起して仕事を探そうとしても、自分のような人を対象とした求人を探すことすら大変な状況です。求人がないなんて、応募する以前の問題ですよね。

しかし、これはある程度仕方の無いことでもあります。というのも、最近は求人情報が、就職を専門としたエージェントに集中してしまっているのです。
エージェントと聞くと、耳慣れないし大げさに感じてしまうかもしれませんが、実はニートやフリーターのみを対象とした専門のエージェントもあります。
正社員で就職するには、まずはニートでも応募できる求人を見つけることが先決なのです。

27歳にしてニートをやめた私は、どのように仕事を探したのか?

ニートだった私が意を決して正社員の仕事を探すというのは、最初は不安だらけでした。どうせ応募しても採用なんてされないに違いないし、必死になって仕事を探している事を他人がどう思うかも気になってしまいます。
応募できる求人があったとしても、勇気を出して面接に行って、結局苦い思いしかしないのではないか。ニート生活が長い自分には正社員で安定して働くなんて無理だろう。そんなことばかり考えていました。
もちろん、年金とか保険のこともありますので、仕事はしないといけませんし、将来を考えずアルバイトをするより正社員で就職するべきだというのも分かっていました。頭で分かっていても不安で行動できない状態を繰り返すという典型的なニート状態でした。

その後、ハローワークに仕事を探しに行ったこともありますが、私はうまくいきませんでした。
ハローワークを訪問すると、自分以外にもたくさん順番待ちしていますので、じっくりと相談することができません。求人票も分かりづらく、募集している企業がどんな職場なのかいまいち想像がつきませんでした。
お役所だから仕方ないのもわかりますが、あのままニート生活を続けるのが怖かったため、納得しないままに応募することはできませんでした。
もしよく考えずに応募して苦い思い出になってしまったら、今度こそニートから抜け出すことができなくなると思ったからです。

学歴なし、フリーター以下でも正社員になる方法とは?

私の場合の話ですが、有名な大学を出てるような自慢できる学歴もありませんでしたし、実は職歴もフリーター以下でした。たまにバイトをしても長く続けることができず、そのたびに短い期間で辞めていたからです。 そのため、ニート生活をやめると決めてインターネットや雑誌で仕事を探しましたが、ほとんどの求人は自分の条件では応募することすらできなかったのです。

こういった厳しい状況で、ひとりで仕事を探すのはつらかったですし、そのうちこのままでは上手くいかないということにも気づきました。 ただ、結果的にインターネットや求人雑誌を見ていたことは無駄にはなりませんでした。求人情報と一緒に何回か広告を見かけていた就職エージェントに相談しようと決めたのです。

それでも、最初はエージェントに実際に相談するかどうかまだ迷っていました。エージェントはいくつかありましたので、まずはそれぞれインターネットで検索して詳しく調べてみました。 こんな自分が相談しても場違いなんじゃないかとも思いましたが、最後には思い切って相談してみて本当によかったです。 学歴もないし、まともに就職したこともないような私でも、専門のエージェントに相談すると、応募できる求人がかなりあったのです。 しかも、相談するのに料金はかかりません。ニート生活が長く貯金がなくても利用できたのも助かりました。

普通は就職関係のエージェントと聞くと、既に正社員でキャリアがある人が転職する時に利用するものというイメージがありますが、実はニートやアルバイト・フリーターが利用するための専用エージェントもあります。 最初は求人があるか不安になるのですが、意外とたくさんあって、逆に迷ってしまうこともあります。

私はエージェントに相談する前にひとりで求人を探していたので、自分ひとりで就職先を見つけるのは厳しいことが分かっていました。そのためエージェントに相談しても仕事が見つからなければもう後がないという気持ちがあり、しっかりと納得いくまで相談しました。自分の希望や、応募について分からないことは積極的に伝えました。

自分の担当カウンセラーさんがついてくれたのも、ここまでしっかり相談できた理由だと思います。

それでも不安だった面接は、どのように乗り切ったのか?

さて、ついに面接の本番まで来てしまいました。面接は私にとっても、就職活動をするうえで一番不安になってしまうポイントです。 もし自分ひとりでやっていたら、うまくできていた自信はありません。 やはりエージェントに相談してみて、一番助かったのは面接についてかもしれません。エージェントに相談すると実際どういう感じで面接を受けることになるかご紹介します。

1-履歴書と職務経歴書の作成
面接に持っていく自分の履歴書と職務経歴書ですが、自分で書いてみたものを担当者がチェックしてくれて、添削してもらえます。そのうえでOKが出たものを持っていくので、本番でも自信を持つことができます。
2-面接日の決定
エージェントの担当者が応募先の企業と連絡を取って決めてくれます。自分から企業に連絡を取らなくてよいので、不安が軽くなります。応募先の企業がどのような感じなのかも担当者が教えてくれて、アドバイスをくれますので、しっかり心の準備ができます。
3-条件について質問する
エージェントの担当者を通じて、給与や保険の詳細を質問することができます。大切なことですが、面接の場でこういうことを質問するのはとてもできませんので、助かりました。
4-面接の結果通知
面接の結果がどうだったかは、エージェントの担当者から通知されます。もし面接に行ってみて自分が辞退したくなった場合も、エージェントを通じて伝えることができます。
5-勤務開始まで
内定をもらったら、最初に出勤する日もエージェントの担当者が代わりに相談してくれます。

このような流れを何社かで行って、何度か面接をこなして実際に正社員として入社することができました。改めて見ると、かなりのことをエージェントがやってくれますので、自分でやらないといけないことが格段に少ないことがわかると思います。

実際に就職するまでの流れを振り返ると…

私がニートから最終的に就職にたどり着くまでの流れを振り返ってみると、次のようになります。

  1. まずはニート生活をやめることを決める
  2. 求人を見たりハローワークのお世話になるも上手くいかず
  3. 最初は不安があったもののエージェントに登録し相談する
  4. カウンセラーが相談に乗ってくれて、ついに求人に応募
  5. エージェントのサポートで履歴書を書く
  6. カウンセラーの案内に従って、面接

こうしてみると、かなりの部分をエージェントに頼っていることがわかりますよね。 そもそも、応募できる企業を紹介してもらえるだけでも本当に重要なのです。 また、面接の日まで応募先の企業とやり取りをせずにすんだのも助かりました。もし全部ひとりでやっていたら、かなり不安になってしまっていたと思います。実際、カウンセラーに案内されて行った面接の日は、緊張してたくさん汗までかいてしまいました。 面接で自信を持って自己アピールできる内容も無かったのですが、カウンセラーに相談して教えてくれた通りにやりました。 つまり、自力でやったことなんてほとんどありません。それでも、不安でいっぱいだったニートの世界から抜け出すことができたのは確かです。

悩んでいるより相談して正解だった!

私は、エージェントの助けで就職することができてから、もう何ヶ月か経っています。会社で働くということがどんなものかよく知らなかったので、仕事が大変だったり、それなりにストレスもありますが、やっぱり就職してよかったと思います。 なぜなら、ニートだった時に感じていた「この先どうなってしまうのか」とか、「このままではいけない」という、猛烈な焦りと不安から解放されたからです。実際に就職すると、親が安心してくれる様子もわかるので、それが嬉しいのもあります。 私が言うまでもないですが、将来もずっとニートのままでいるのはやっぱり無理です。遅かれ早かれいつかは仕事を持たないといけないのです。 しかし、実際にニートを抜け出そうとすると、遅ければ遅いほど苦労が大きいのが現実です。同じニート脱出をするのなら、早い方がよいのは間違いありません。 もし、現在もニートのままで将来に不安を感じている人がいるなら、就職エージェントであるハタラクティブに相談してみましょう!もちろん、相談もカウンセリングも無料です。 不安なニート生活から脱出したいなら、ハタラクティブのような就職エージェントに相談すると、うまくいく可能性大です。 悩んでいても何も解決しないどころか不安が大きくなるだけです。すぐに連絡して、相談にのってもらいましょう!

ページのトップへ戻る